コラム

年齢ジワやほうれい線に効く「表情筋」キープ術

このエントリーをはてなブックマークに追加


シミ・シワ・たるみなど、女性を悩ませる年齢サインの中でも、老け見えの原因となるトップは加齢にともなう「深い年齢ジワ」と「ほうれい線」です。
乾燥による小じわと違って、美容クリームによる保湿程度ではケア出来ないため、対策としての顔ヨガなども人気です。ただ、この顔ヨガも習慣化するのが難しく中々続かないようです。
簡単には改善できない年齢ジワやほうれい線対策の根本ケアのポイントをご紹介します。

豊かな表情を作っている「表情筋」

深いシワやほうれい線には、「表情筋」と呼ばれる顔の筋肉の状態が関わっています。
「表情筋」は文字通り喜怒哀楽の表情を作る筋肉です。体の筋肉は骨と骨をつないでいるのに対し、顔の筋肉は骨と皮膚をつないでいるので筋肉の動きが表情として細かく表れます。
顔には30種類以上もの表情筋があるものの、日常で使う表情筋はたった30%程度だと言われています。
また筋肉は積極的に動かすことで筋力を保っていますが、表情筋の筋力も他の筋肉と同様に年齢とともに低下してしまいます。

「年齢ジワ・ほうれい線」と表情筋の関係

年齢ジワやほうれい線の大きな原因は表情筋の筋力が低下です。
表情筋の筋力が低下してくると皮膚を支える力も弱くなり、ハリがなくなりフェイスラインも崩れて老け顔を導きます。
さらに表情筋を動かす力が弱ることで皮下脂肪もつきやすくなり、その脂肪が重みとなって一層たるみを生じさせてしまうことで、年齢ジワやほうれい線ができやすくなります。

表情筋を鍛えてみよう

筋肉には何歳からでも鍛えられるという特徴があり、他の体の筋肉と同様に表情筋も鍛えることで筋力低下を予防することができます。
まずは、30種類以上もある表情筋のうちメインとなる大きな筋肉を鍛えることから意識してみましょう。
顔の筋肉の中で大きなものは「額・目の周り・頬・口周り・あご」の5ヶ所です。
これらを動かすために簡単に続けられるエクササイズが「あ・い・う・え・お」体操です。
いつもよりも筋肉を大きく動かすことを意識して、目や口を大きく動かしながら「あいうえお」とゆっくり表情を動かすことを繰り返します。5回程度繰り返すことからスタートして、慣れてきたら数を増やしてみてください。鏡を見ながらすることをおススメします。

老け顔のモト「表情筋」対策の相乗効果

表情筋を鍛えることには、老け顔対策の他にもメリットがあります。筋肉のコリがほぐれ血流もよくなるため健康的な透明感のある肌色を導き、肌を支える筋力がアップすることでハリのある肌も取り戻せます。
筋肉が活発に動き始めると肌細胞の新陳代謝や肌弾力成分の生成にもプラスに働き元気な肌づくりのベースアップになります。
表情筋は、普段の生活の中でも筋力低下を予防できます。おしゃべりを楽しむことでも表情筋を動かすことにつながりますので、会話の機会を減らさないようにして、無表情ではなく豊かな表情を積極的に作るようにしてみましょう。

スクリーンショット 2017-11-21 18.03.24

関連する他の記事