コラム

40代からこそ素肌感を重視! 老け顔を作る原因と上手なベースメイク術

このエントリーをはてなブックマークに追加

40代からこそ素肌感を重視! 老け顔を作る原因と上手なベースメイク術

年齢を重ねるにつれて増えていくシワやシミ。40歳前後を境に急激に増えたという方もいると思いますが、これらの肌トラブルを隠そうとすると、どうしてもベースメイクが濃くなってしまいますよね。
厚くファンデーションを重ねれば、気になる年齢肌のトラブルをカバーすることはできますが、厚塗り感がかえって老け顔を作ってしまうことも……。
年齢肌の悩みをカバーしつつ、若々しさを保つためにはNGメイクと正しいメイクの違いを知り、上手なベースメイクのポイントを身につけることが大切です。
そこで今回は、40代からの大人世代の女性に向けて、老け顔を作るNGメイクと上手なベースメイクのポイントをご紹介いたします。

40代からの女性が知っておきたい老け顔を作るNGメイク

・コンシーラーを多用しすぎている
クマやシミ、ニキビ跡、シワなどのカバーに絶大な力を添えてくれるコンシーラー。年齢肌に悩みを持つ40代からの大人世代の女性には、欠かせないメイクアイテムといえるでしょう。しかし、あまりにコンシーラーを多用しすぎていると、厚塗り感やムラが出たり、小ジワに入り込んでヨレが生じたりして、老け顔を作る原因になってしまいます。
ポイントカバーにコンシーラーを使うことはとても大切ですが、頼りすぎるのは避けましょう。
 
・ベースアイテムを重ねすぎている
カバーを重視したい方がやりがちなのが、リキッドファンデーションやBBクリームを塗った後、上からパウダーファンデーションを重ねるというもの。
一見、相性がいい組み合せにも思えますが、これらのアイテムはベースメイクの主役になるものなので、ダブル使いをすると厚塗りに仕上がってしまいます。
ファンデーションを重ねすぎたマット肌は、近年のメイクトレンドから遠い上に、実年齢以上に見える原因となるのです。

素肌感をポイントに! 40代からの女性が覚えるべき上手なベースメイク術

・コントロールカラーで肌のアラをカバーする
シミやくすみなどの年齢肌悩みをカバーしてくれるのは、コンシーラーやファンデーションだけではありません。肌悩みに合わせて選んだコントロールカラーを使うことで、厚塗り感なくキレイな肌を作ることができます。
肌の赤みにはグリーンを、くすみにはパープルやブルーを、クマにはオレンジなど、肌の悩みと対照的なカラーを選ぶのがポイントです。化粧下地を兼ねたコントロールカラーを使うことで、肌に塗るアイテムを1つ減らすことができるため、より素肌に近い薄塗りメイクが叶います。
 
・フェイスパウダーの代わりにツヤ感アップのハイライトを
カバー力の高いリキッドファンデーションやBBクリームなどを使用している方は多いと思いますが、これらのアイテムには時間が経つとヨレたりテカったりしやすいという一面も……。ベースメイク崩れを防ぐためには、上からパウダーをはたくのが一般的ですが、これをプレストタイプのハイライトに変えるだけで、肌にツヤ感が生まれて素肌っぽさもアップ。顔にメリハリもつくので、顔立ちがくっきりとした美人フェイスにも近づきます。
顔全体に塗ってしまうと仕上がりが不自然になってしまうので、TゾーンとCゾーンにサッと伸ばすのがポイントです。

40代からこそ素肌感を重視! 老け顔を作る原因と上手なベースメイク術

若々しい見た目を作るためには、厚塗りを避けたベースメイクが必須ですが、元となる素肌を整えておくことも大切です。今回ご紹介したベースメイクのテクニックに加えて、日頃のスキンケアにも力を入れていきましょう。保湿ケアに加えて、コラーゲンの摂取なども欠かさずに、内側から輝く素肌を目指してくださいね。

関連する他の記事

  • 最近の投稿

  • アーカイブ